スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな樹

2008.12.30 20:15|ポエム
遠景色にもくもく

萌黄色の巨大な雲

皆の優しい気持ちが集まる

真黄色になった時

空に届けてあげるよ

きっと良い事

空から戻るように

(大銀杏の樹の詩です)



今年は詩をとうしてふれあっていただき
思い出ができて楽しかったです。
温かなお気持ちをありがとうございました、
皆さんが良いお年を迎えられますように
お祈りしています、来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

ねぇ いつまでも

2008.12.28 00:51|ポエム
想いのあいだに
いてくれる

あなただけしか
持っていない

あいが溢れて
沁みこんできて

わたしの
たどっていること

わたしの中で
育ってゆく

表す言葉がなくて
ごめんね

こころに憧れて
いるんだよ

胸一杯に
なっている気持ち

ありがとうって忘れて
ごめんね

ありがとう

花とのかけっこ

2008.12.27 00:17|ポエム
蕾みが少し
ゆるんだかしら
と思ったら
好きな感じに
花びらが開く

スケッチブックの中で
花とかけっこ
しているように
少しもじっと
していない花を
描いてゆく

ゆっくりとも
していられない
もっともっと
早い花との
かけっこ

花はだんだん
時に残されてゆくと
また次の花へと
微笑み降り注いで
わたしの前で
咲いてくれる


          2008年4月30日筆

モネのきらめき

2008.12.26 00:01|ポエム
雲間から
輝く光と

海表面の
きらめきに
溶け合って

遠くの朝に
見つけた一瞬の

地球のパレットの
上での
ありえない混色

出会えないもの
どうしが

混ざりあえると
ゆうことを

見せてくれる
海辺の日の出


        絵が好きなのでそのイメージで詩に書きました

プリズム

2008.12.25 00:01|ポエム
少しづつ
築いていった
想いのかたち

顔を見せて
くれるだけでも
想いは
痛いほどわかる

見つかった
温かさを
壊さないように
したかった

眠りの中で
散らばって
いたかたち
見つけた

壊さないように
するのは
どうしたら
いいんだろう

泣いて見ている
なんてことは
無いでしょう

何時だって
微笑って
見つめて
いるから

X'mas

2008.12.24 23:03|ポエム
毎日の時の中で

もうすでに

神からの愛を

そっといただいていると

思って過しましょう

X’masには

ささやかでも

その小さなことに

喜びましょう

神(愛)は

それを見つけて

喜びの愛を少し

また与えてくださる

月のうさぎ

2008.12.24 00:01|ポエム
りよう足のついている
地面の分ぐらいの
奇跡はある。

地球は丸くて碧くて
浮んでいるんだ、
教えてもらった
初めてのこと。

サイズの変わる
僕の靴。

何度か履き替えてゆく
靴にも慣れて、
夕空に浮ぶ月と帰る。

雲間に潜ったりしたり
樹木にかくれんぼしたり
後ろから見守ってくれたり。

横に居てくれて思うけれど
小さい頃に見つけた
月のうさぎは、
今見つけても
月に居るうさぎのままだね。

あれからまた、
もっと沢山の
奇跡を見つけている。

教会の眺め

2008.12.23 00:01|ポエム
そっと十字のつく

屋根を包んでいる

聖堂の上に広がる

青い空の景色

誰もいない堂内の

高窓の碧い海原色の

ステンドグラスを透かして

空間を水面よりも底へ

深い静けさに変えてゆく

わたしのおもいは

じっと静けさを待っている

気持ち良さにふわりと調う

ステンドグラスの光は浮かぶ




花綱のブランコ

2008.12.22 08:27|ポエム
そのままで
時にゆれる

いくつかの
物語を
語って
聞かせてね

暗いことは
思いださない
ように

優しい奇跡に
包まれて
ほしい

花綱から
流れる
甘い風に

二人で
なれたの
だから

いつか出逢える日

2008.12.19 00:32|ポエム
生まれる前から
繋がっていること
見つけられますように

地球の人がのこらず全て
ツインソウルを探せたら
悲しいことを平和に
変えられる

一途な想いの
それしか見えない
気持ちが永い

しあわせで
せつなくて
壊したくない

どうしようも
できないことも
優しいことの
中に閉じ込めて

決められた定めを
たいせつにして
生まれ変わって
いける日まで

Dear

2008.12.18 08:07|未分類
Dear あーるぐれい  

        どこにもかえらない

  100番単位 『新しい頁に似た』 17400記念  
 御祝い おめでとうございます♪

                                       
         

     あーるぐれいさん専用「ふりーすぺーす」です。
     いつも伺わせていただいてありがとうございます、
     今回はポエムのプレゼントをしていただけることに
     なりまして、嬉しく思っています。
     コメント欄にはなりますが御用意しましたので、
     こちらへポエムを置いてくださるようにお願いいたします。
     楽しく、温かいポエムあり不思議系・意味深系等など
     あーるグレイなPrinceポエムブログですね。
     今後ともよろしくお願いいたします。


       From ろ~るけ~き 

セント テレサ

2008.12.18 00:48|ポエム
両手を優しく
あわせたら
ゆりの蕾みの
形のよう

白ゆりの
ようだった
あなたへ
祈れるように
なりました

空へ向かって
感謝して
花のおもいが
届きますように

ひとつの恋に
気がついて
小さなおもいが
膨らむ

見守られながら
たったひとつの
深く魅かれて
ゆくような恋

           セント テレサ 1997年 永眠の年に思ったことに加筆しました

初めてのお散歩

2008.12.17 18:29|ポエム
小ちゃな女の子が、初めての
アンヨの時期には履けるようにと
待っている新しい靴。

紋白蝶々も飛ぶことは、
間にあわないような季節に
咲いていた小さな白い花。

早春にも、まだ寒いけれど
少しずつしっかり歩ける。

その子のお散歩の尻もちもなくて
しっかり歩けた、初めてのお散歩の日に、
指先に確かめるしあわせの形
咲いていた「見ぃつけた!」白い花。

羽化しだした蝶たちも
しあわせ日和を見にくるみたいに
思い出に飛び出してくる。

天使のウィンク

2008.12.16 00:30|ポエム
見つけてね
見ていてね

つかさどる訳
もう忘れては
進んでいけない

オルゴールを動かす
指先から
飛び出す音符

たくさん胸に
届いてくる

ひとつの記しから
生まれてゆく

だから私のことを
ずっと見ていてね

わたしの月の光

2008.12.15 01:21|ポエム
ひかり輝く
好きな身体に
なって

私のこころは
そのままで

後ろ姿も
はずかしい
気持ち

神秘の奇跡
届けるために

たどり着く
までには
忘れて輝く

生まれたての時間

2008.12.14 00:44|ポエム
木々も花も咲きあふれる中を、

ゆるゆると風が通っていく。

昆虫たちもそよ風に乗って、

少し背中の羽が、楽になったことを感じる。

今朝、羽化したばかりの羽を休めて、

花びらの感触に安心する。

初めてここに降り立つ

夢を見るように香る空間の中に、

陽ざしに映された花芯が輝く、

時をもらうことのできた

永くのびてゆく時間の中で、

朝露の最後も景色に溶ける。

少し足元が揺らいだのは、

羽の動きかそよ風。

花びらの上から同時に飛び立った

自分のこころを、瞳を閉じてつかまえる。

                初めてうまれた虫のことを見ていて
                飛んでいるところが可愛くて思い出して書きました。
                        2007年2月25日筆                                                   

ドーリーコスモス・ラベンダーボーイ

2008.12.13 01:53|ポエム
          「ぷちがーでんぽえむ」

     コンパニオンプランツ

  サンチュとレタスダーリン

  ウィンタコスモスドーリー

  夢をかなえてくれたダーリン

  晩秋に急いで欲張りなあなたの

  お腹と目を楽しませてあげる

  でも一番に食べているのは

  わたしのこころ



     愛情置き鉢

  ビオラ カリフラ メキシカセージ

  キャベツandシルバータイムのプランター

  ノッポのセージは置き鉢の

  そっと後ろで眺め中

  あなたの好きなわけぎは隠して

  急にお腹の空くあなたには

  いつでも生き生き葉っぱが待ってる
    
              栽培の組み合わせを教えてもらって
              それをポエムにしてみました
              晩秋に載せれなくて
              早春にはできますね・・・
              眺めているのも楽しいですね きっと・・・
              言葉のリズム感だけで書いたので
              内容に意味はないです
              きりつめて書いた言葉もそのほうが
              楽しいかと思ってしました
              たまにはこんなのもね!

オーロラドリーム

2008.12.12 01:28|ポエム
この街じゃ
オーロラ見えない
なんて

誰も信用
してなくたって

僕はただひとりに
なったって

いつまでも
信じていたから

あの日見つけた
しあわせ色の

オーロラが
こころの宝物

信じて空を
見上げていれば

信じていたものに
出逢えるね

               自然は素敵ですね♪

石の遺跡

2008.12.11 05:46|ポエム
矢車菊の濃い青
吸い込まれる
ような花の色

あたり一面に
咲いているだけ
ひと抱えにして

もういないのに
いるみたいに
抱きしめる

その深い色に
沈んでいけるほど
見詰めている

こぼれ落ちた
種から咲いた
わたしの
好きな花

夕方に見つけた
一輪だけの
矢車菊
伝えてくれる
過去の記憶

Ren

2008.12.10 01:44|ポエム
     音に揺れて

  まだ見ない

  眠りの

  世界へ

  歩いてゆく

  少しこわい

  気持ち

  安心できる

  ように

  優しくゆっくり

  揺れるように

  ブランコに

  乗せて

  くれるような

  包まれる音


     青い蕾み

  こころに

  しまわれている

  固いかな

  柔らかいかな

  青い蕾み

  蓮の青い花を

  こころに

  もっている

君の声

2008.12.08 17:12|ポエム
びっくりしちゃうな
イメージどうりで

君が声を
かけてくれた
瞬間に

メンタルと
身体ごと
モヤモヤを
切りとって
くれたみたいに

軌跡まで
かわる

心配ないって
いつも言葉聞いて
安心している

ひとつ

2008.12.08 00:08|ポエム
甘く
溶けるような
指先の音

甘く
溶けるような
こころの音

優しい
慈愛の萌える
音の中で

ゆられる
ようにして
響く

そこに
そのまま
眠るようにして

こころに
ひたされている

果実の贈り物

2008.12.07 20:43|ポエム
目覚めた

朝にみえる

金の漣の

輝きに

うもれていて

それでも

探すことできた

あなたからの

慈愛の果実の

輪郭

君のいる場所

2008.12.07 01:31|ポエム
君がどこで
待っているかも
良く分かって
いるから

でもそれが
やっと叶って
僕がそこへ
いける時には
君はもう
そこには
いないから

小っちゃい手を
つないで
君を守ったこと
そればっかり
覚えているよ

君を守りとうそうと
そればっかり
思っていたよ

一緒に遊んだ
公園の樹木は
向こう側が
見えないくらい
大きくなって
いるだろうね

December

2008.12.06 01:00|ポエム
いくつも違うもの
見ている
君の瞳が好き

君が笑っている訳も
君が泣いている訳も
すぐにわからなくて
いいけれど
ずっと傍にいる

楽しさが映る
その月は
幼い日々の
待ち遠しい
が有って

そんな思いは
すっかりと
どこかの時の中へ
落としてきたけれど

今はこころの中で
こんなに待ち遠しいと思う
Decemberが戻ってくる

朝の雨

2008.12.05 14:58|ポエム
雨粒がそっと
空気をたたく音

静かに音に
包まれて

淋しい気持ちも
優しく降る
雨だから

まるい透き通った
粒がきらきら

眠りから
目覚めた
朝のこころを

優しい音で
撫でてくれる

時々に雨

2008.12.05 00:12|ポエム
くもり空だったり
しとしと降ったり

そっと拭いてくれたり
不安なこころ
支えてくれたり

いつも居てくれた
そうゆう人は
たいせつだから

長い年月
響きあうように
きたから

生きていて
くれるんだね

こころに浮んだ
言葉が潤んでゆく

こころの世界

2008.12.03 01:30|ポエム
  いろんなわたしは
  こころに残っている

  こころ模様は
  天空からの
  贈り物の

  こころに纏う
  衣の輝きのように
  なってゆく

樹木の秋冬

2008.12.02 02:51|ポエム
包まれる
温かさに
気づいて
樹木が
恋をした

萌出愛の
想いを
大気に
浮ばせてゆく

青葉の先から
枝々に
受け止めた
輝くこころ
感じている

葉の上に
彩色していく
樹木のポエム

そうして
いつまでも
佇んでいる
なかなか
君のようには
なれないけれど

秋冬に輝く
陽の中の
景色を
懐かしんで
見つめている
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。