FC2ブログ

ねぇ お月さまをとって

2009.03.04 00:34|写真詩
san265f

(2009・1冬撮影)




お月さまは どこ

今は 気づけない 遠くなの

それとも 雲の中で お月さまも おね坊なの

そんなこと ないよ

どんなに毎日 霧で隠れても 空にはお月さま 

塔の上には 時計を忘れない 人々

毎夜灯りを 点けて 時は止まらずに 街を流れる

この地球の どこかで 思いきり たくさんの 

時計も 動き続けるように

僕たちの 灯火も ささやかに 続く

自然はいつも きっと人を 辿って

守り人を 見つけてゆく

いっぱい君も お月さまの 輝きを

映せる ようになったら

そのままで 何でも 飛び越えて いけるほどになる

何でも飛び越えて 何にでもなれたら

あちこちに 散らばって しまった 見えない 

何にでもなれる 僕が見えるはず

何にでもなれる君が 見えるはず

お月さまの 宿る全ものを抱いて


スポンサーサイト



02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード