スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルームーン

2010.03.31 23:33|写真詩
ホトケノザa


(ちょっとこの子たち うさぎさんに見えるような感じでしょ・・。

30日の月はとてもやさしいキレイなお月さまで、

月うさぎの姿もよく見えました。その後はとっても光っていました。)


ホトケノザy





やわらかく月が呼ぶ

月うさぎ 喜んで耳ゆれる

慕っている気持ちに

伝わってきた

心にいっぱいの月の光





スポンサーサイト

CM

2010.03.31 00:00|日記
花木p

                                  (これは梅の花です)






『すのうふれいく』の掲載は次の記事からです、

ちいさく紡いでゆくポエムをいつもそっと読んでくださることに感謝の毎日、

励ましのポチと拍手もたくさんいただいてコメントをくださることも温かさが増します、

いつでも見守ってくださりいらしてくださるみなさんに

ありがとうございます



          空雲絵本 http://touches1.blog11.fc2.com/
    少しづつのんびりですが短い詩を掲載していくところにしました。
    こちらのほうもお時間があれば、リンクから行けますのでのぞいてみてください。



A1iceのお散歩 10 俳歌

IMG白詰め草p







冬眠の 心に訪れる淡光

芽吹きつつんで 花目覚まし




Fight!! 金色の分身

2010.03.28 23:32|写真詩
とりさんp








辛かったり 悲しかったり

でも 目標に向かって進んでいく

希望を失わないで

続けていく時に

貴い自分が輝くんだよ

褒めてもらったり 勇気をもらったり

目標に向かって進んでいく

愛は輝く それをまた君の世界に

君の真心届けるようにして

煌きを燈す

君はもうひとりの輝く自分の

貴い地球の芽吹き

金色の分身と逢える貴い君



ほんのり春がきた

2010.03.28 00:01|写真詩
IMG花びら雫p







ほんのり 春がきた

ちいさなところに

そっと あった

想いに摘みとった

ちいさな春

こころに萌える




A1iceのお散歩 9 俳歌

20100308オオカンザクラ



花ほころぶ 愛でるわたしも照らされて



20100308p

                           (早咲き種のオオカンザクラです)


A1iceのお散歩 8

IMG桜雨1r





桜雨 鼓動のように時の音



A1iceのお散歩 7

菜の花






菜の花の 萌えいずる野に春心

蝶々のように わたしもとまる





IMGお花




深緑の国

2010.03.24 00:01|写真詩
ヒヨドリさんy







何回も見ていた 夢の中

深緑の森の国にいる

何回も見ているのに

見ているときは 心地いいのに 

幸福感を受けて

穏やかになれるのに

いままで 目覚めるときには

忘れている ということを

いま 覚えていた

さっき 眠りから目覚めて

覚えていたことに

また 幸福感が湧いてくる

リーフの冠 顔の骨格 筋肉感のある手足 

身体に有るちいさな柔らかな布に絡む風

森の雫が蒸気して 人の姿を創るような

なのに それは光だともいえる

朧に輝く身体を魅せて 

深緑を浮かんでいく

深緑の森の空に澄む人






シーダーp


静かな春

2010.03.23 17:01|写真詩
p街路樹

今日は写真が5枚あります、これは街路樹のコブシの花です。

そしてこのつぎにポエムもありますので読んでください。

辛夷a


心にぴたりとした

言葉を大事にしていく

ある時 ふと

思い出にあったり

傍から離れないで

気になったり

自分に大事だと

思ってきたこと

言葉にして

心に眠る

その言葉たちに

また 元気だとか

勇気だとか

希望だとか

夢だとかの

何よりも

大事なものを

もらっている

そして もうひとつ

ささやかに

微笑っている時




モクレン3

こちらはモクレンです、コブシよりは大きな・・遠目から見ても

大きな真っ白が綺麗な花です。

モクレンy

写真に写せるスタンスはだいたいきまっているので、

引き気味に撮影してみて、拡大できるようなところを

後で探してポイントを見つけました。

写真撮りの後でのうれしい時間です。

夕日1

これはまんまる太陽の輪郭が写せた! と思った写真ですが

なんと またぼやけてしまいました。





花のお部屋

2010.03.21 12:01|写真詩
pベゴニア1


ベゴニアの花の時季


ベゴニアa3


やわらかなシェードの中で

ちょっと疲れた

わたしの心が背伸びする




ベゴニアy1

ふんわりと清い

たくさんの花たち


ベゴニアp

夢で天使をみているのなら

きっと君は天使に逢える


ベゴニア1

清いその中で

花とお話していたの

ほかの誰かとお話していたの

ベゴニアのお部屋は花がいっぱい







一輪の桜

2010.03.20 05:01|写真詩
初咲き桜19

                             (初咲き吉野桜)







甘く咲き始める 

桜の蕾

花一輪

小鳥の歌を聴いて

その花の匂い 掌に

光る一輪

掌にのせて集める

幸福の姿に 生まれて咲く

一輪の桜

君がすきになってくれた

そっと頬をよせるように

貴い贈り物をくれる

光る花







初咲き桜y1

             (初咲き桜です・・昨日の19日に写したてです)



回復する命

2010.03.18 15:01|写真詩
pサザンカ







回復する ということは

素晴らしい

たとえ ちいさな傷でも

少しの 風邪でも

もっと それ以上のことならば

ことさらに

どんな場所で 生きたか とか

回復していく 良き縁と

いっしょにしてくださった ことに

感謝をします

病とは 勝ったり 負けたりする

負けかたも 生まれ変わる都度に

良くなっていこうと 思っている

だって たましいは

何度 生まれ変わっても

1つ を 持ちまわっているから




雪うつる花びら

2010.03.17 00:01|写真詩
087白梅










雪とけて 空色にすいこまれ

想いの 霞むような蒼空

なつかしき 足音 

想う花に うつる

誰を 待ち焦がれて

咲いては 一輪ごとの

雪うつる 白い花







087白梅h



春北風

2010.03.16 00:01|写真詩
20100227y











遠くに春北風の

音がする

ふいにとまった

風の音の

里の景色に

見えるのは

木枝に風が

腰掛けて

春飾りだした

季節の姿








20100301梅の花p1




ちいさな君と私

2010.03.15 00:01|写真詩
たんぽぽ







しあわせの形 どんな形

耳で聞こえた

楽しい笑い声

ささやかに私ができるなら

ちいさな君から

それを聞きたい

しあわせの形 どんな形

目で見えた

楽しい微笑み

ささやかに私ができるなら

ちいさな君の

その顔を見ていたい

しあわせの形 どんな形

唇から伝えてくれる

楽しい出来事

ささやかに私ができるなら

ちいさな君に

いつでもとそれを祈るよ

ささやかなことにしか

いつも詰め込めないけれど

ちいさくてもいいから

愛をこめて祈るよ

愛しているよ





地球の誕生

2010.03.14 00:01|写真詩
百日草と蝶








人が出現するまでには

ここの地球には

その為の用意をするかのように

他の弱き生き物が誕生して

何もかもが全部あって

まるい地球でいられた


まだ知らない不思議は

とても大きいと思うと感動する


誰も知らない

とても大きいこの存在を

大事にできる人類を

この地球は

生んでいる世界だと思っている

人がなぜ生まれるかの

訳のひとつと考える






柔らかな羽

2010.03.13 00:01|写真詩
20100227h1








翼はばたかせて空渡る 

風と翔けて行く力

蒼空抱く力

丹誠に羽を 重ねて

柔らかな羽の

一つ 一つが

君の生きる未来へと広がる翼




蒼い空のA1ice

2010.03.12 00:01|写真詩
ヒヨドリ君h







A1iceのお散歩



蒼い地球の 全てで

命 芽吹く

遠い 未来から

やっと 降りたつ

愛の命 そのまま まるい

ここへ 還ってきたいと

懐かしむのか

もう どこへも行きたくないと

懐かしむのか

心の中で 行けるところ




蒼い空の小鳥

2010.03.11 00:01|写真詩
p20100308







心すりきれたら

そこのところに重なってくれて

心柔らかくしてくれる


心ひびだらけになったら

そこのところに入ってくれて

心繋げてくれる


心のいたみとれなかったら

そこのところへゆっくりと

沁みこんでくれる


透きとおっていくように

心の痛みも薄くなる


木の葉をくぐって

透きとおる心

蒼空を響かせてくれる

優しいちいさな小鳥



A1iceのお散歩 6

20100223花y





梅の花を 見せてくれると手を繋ぎ

温もりに咲く 柔らき心






春はずむ雪色うさぎ

2010.03.08 00:01|A1iceのお絵描き


雪色うさぎに

春がきた

野原にいっぱいの

春の音響く

さくら色の長い耳

春音にゆれる

梅の花しべみたいな

白いひげ

桃花色の鼻の上に

喜蝶のとまる

草丈と背のびくらべっこ

ぴょんと跳びあがる

瞳に春喜ぶ心色







memo00011pp

(蝶々が実際にスケッチでもお米粒くらいなので、大きくしてみることにしました。)





さくら手鞠

2010.03.07 00:01|写真詩
20100305y1

                                         
                       (オオカンザクラ・早咲きの種類の桜です・)







雨あがりに

お花見を

さくら手鞠が

心に咲いて

無邪気に弾む


春づゆと

お花見日和

交互に弥生の

暦を開ける

暖かくなっていく

暦を開ける




LOVERY BIRD

2010.03.05 05:01|写真詩
20100223p

                                   (梅の花です)





小鳥が歌っていると

わたしも歌う

わたしの心が

小鳥と歌う

小鳥につうじる

心の歌で






小鳥y2



未来

2010.03.04 00:01|写真詩
かもちゃんp







鳥がふつうに息をすって

ふつうに羽ばたいていられる空


武器を持った戦闘機を

見ることのない空

地球のすべての青空に

広がるといい

過去の歴史は

このためにあったと

愛しい人とともに

いつか未来で思いたい



小鳥2y



小さな春がふえてくる

2010.03.02 21:50|写真詩
こさぎちゃんp







小さな 春がくる 

小さな 冬になる

春と冬 隣あわせで

溶けている 光の中

小さな春が ふえてくる

蕾に ちょこんと その春日

照り葉に ちょこんと その春日

小さくなっていく 冬に

生まれた蕾が

ほどけて光に 染まった

優しい風の ゆら ゆら ゆれる日



梅景色y


いつもみていて

2010.03.01 00:01|写真詩
20100301梅p







どんなに時が離れても

空からみていてくれるから

知らない世界で

はじめて出逢っても

心と心は

空を飛び越えていた

みつけたものの名前を

確かめていくことが

忘れられない

励ましになって

生きてきた

碧い地球の大自然が

人々のこと

預かってくれているということ

わかっているように

真剣に考えていれば

とても素敵な心にしてくれる

失われない人

愛しい人

遠く空からみていてくれる



02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。