スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤く映る

2008.11.04 01:30|ポエム
鳥の渡りくる
しるしのように、
君を待つ夕刻の
真っ赤な空を
溶かす水面。

鳥の渡る秋には、
木の葉も鮮やかな
赤く色づく秋の彩色。

舞降りる羽音を
水面に映す。
想いを寄せる
小さな音が
幾つもつのる。

二羽のまわりは
水面の色に
染めあがってゆく。
スポンサーサイト

コメント

目に浮かびます

こんにちは!

秋の夕暮れでしょうか!夕焼けと紅葉が水面を紅くそめ、つがいの白鳥なのかな?紅く染まる二羽を祝福しているのでしょうか。すごく美しい風景をイメージしました。やわらかな幸福の空間ですね。

こんにちは

ありがとうございます。
赤く燃えるような、日本画を見て
わたしの想いもそのように・・・
赤く映ったこころが見えたこと
残したくてポエムにしました。

深まる秋の景色と綺麗な光景が
目に浮かぶ詩ですね。
ひとつひとつの言葉の表現が
とても素敵で、うっとりしました。
仲の良い二羽の鳥が静かに舞い降りて
景色に染まっていくような雰囲気が
良いなって思いました。
やっぱり白鳥かしら?

そうですね^^

言葉の表現をほめてくださってありがとうございます。

かえるとか虫を描くことすきです。
ゆっくりと描くこと楽しむように、
精密画しか描けないので鳥はなんでも
好きですよ、あの恐ろしげなはやにえの百舌もなんて
かわいいんだろうと、思います。花ももちろん精密で
描きますが色付けもワクワクしますね、
描きあがると爽快な気持ちになります。

赤い絵、日本画の赤をみて恋情があふれました。
水彩画、油絵も描けないものだから、
鑑賞するのが好きです。

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。