スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い仔猫

2009.02.05 00:25|ポエム
お散歩しながら

おぼろ月夜

野辺の草花も

水面の花も

みんなやさしく

眠る時間

碧い目の仔猫

真白い毛並みに

おぼろ月夜のように

ひかる輝き
スポンサーサイト

コメント

ろ~るけ~きさん
そうですね。もう、
おぼろ月夜の春になって来ましたね。
月を見れば”うさぎ”だなんて
連想していまいますが、”白い仔猫”
というのもフカフカさが伝わってきます。

ろ~るけ~きさんの詩には、
童謡のセンスを感じます。
ボクも「おぼろ月夜」で歌ってみました。
まず、ろ~るけ~きさんの詩から。



「おぼろ仔猫」


(1)

お散歩
しながら
おぼろ月夜


野辺の
草花も
水面(みなも)
の花も


みんな
やさしく
眠る時間


碧い目
の仔猫
真白(しろ)い毛並み



(2)

菜の花
つづく
おぼろ月夜


かすかに
さわさわ
波の音か


故郷
の母も
眠る時間


碧い浜辺に
赤い子ガニ



おぼろ月夜[オルゴール]/童謡・唱歌・歌曲 by まみごん
http://j-ken.com/category/all/data/643096/
☆(1)は、ろ~るけ~きさんの詩から(2)は海ton。

もうおぼろ月夜になる季節が
迫って来ましたね。
春は嬉しいけど、星が綺麗に見えないので
それは残念です。
月の光に照らされて浮かぶ白い猫
幻想的な雰囲気を感じました。

海tonさん☆

童謡は好きで、嬉しいです。今ぐらいになると
おぼろ月夜が歌ごと想いだされます。
海tonさんの連詩のように夜道をお散歩するのも
海風の匂いを感じて気持ちよくなりますね。
いつも連詩をありがとうございます。

ひとつ前の連詩のことですが今コメントを書いていて
やっと思いだしました、ぽん字ですかカタカナの言葉は?
それがどうしても浮んでこなくて意味があるのですね。
文字がわかるんですね、Tシャツにプリントしていたり
たまに街でも目にします。

reireiさん☆

幻想的に感じてくださったのですね。^^
ありがとうございます。
春はおぼろ月夜を楽しんで草花の増えるのを
待っているようなときですね。

イルカもイルカ同士で意思の疎通ができるでしょう、
猫は人のことがわかるのでは、と思っている
わたしの猫に対する気持ちです。

おぼろ月夜ですか!春ですね。私のイメージはやはり桜の咲く頃におぼろ月夜は似合いますね。もう一つは菜の花畑にも合いそうです。与謝野晶子の艶やかな短歌を思い出しました。

komorebiさん☆

短歌は短い言葉のなかで自然・こころの表現をする
素晴らしいのは、日本の四季が有るからこそですね。
なので短いゆえに、つかう言葉のながれひとつが
慎重になりますね。

komorebiさんのうかんだ短歌がどのような歌だったのか
知りたいと想いました、もしかよければこちらでも
komorebiさんのポエムブログでもよいので、
また、機会があれば紹介してくださいね。

与謝野晶子には『みだれ髪』という和歌集がありますが、彼女は情熱的な女性で、作品も造語を用いて夫となった与謝野鉄寛との恋を詠んでいます。彼女は大阪府堺市の出身で、親ほど年の離れた鉄寛と駆け落ちするんですよ。歌の才能は晶子の方がはるかに上です。石川啄木も亡くなった後ですが晶子と同様、彼より世で認められたんです。

『みだれ髪』は文庫本でも出ているので手に入りやすいですよ。

komorebiさん☆

以前に読んでいても次第に名前だけ覚えている、なので
読み返してみるとゆう、みりょくがありますね。
わすれるほどに時間(わすれるの早いです)のたった
今だからきっと、前にはちんぷんかんぷんなことでも
前には理解のたりないことでも、違っているでしょうから。
きっかけになりますね、よんでみます。^^
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。