スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.26 01:10|ポエム

秋夜の音色が

かたく閉じておいた胸の中の

つぎつぎにせつないをといてゆく

忘れたふりをしたせつないを

秋夜の音色がといてゆく

いろいろ想いがはなれていって

何も想いがなくなったら

急に秋夜もしずまりかえって

時もとまって夜もとまる

気ずかないままそのときが

終わりの中へ閉じこめられる

また鳴りだした音色の中で

なまえを呼んでもいいですか

なまえでいっぱいにしておいて

そうしてかたく胸を閉ざして


スポンサーサイト

コメント

ろ~るけ~きさん、こんにちは!


秋の音色はどんな音色なんでしょう!賑やかな虫の音ではなく、嵐の雨風の音でもなく…夜の凜と澄み切った空気の中、木々の葉がかすかに囁く音でしょうか?そういう音で、目覚めた心から天に吸い込まれるかのように、心の中でくすぶっていたものが、すべて浄化したのでしょうか?

気持ちを切り替えて、新たな出発になりますね。どんな人が心を満たしてくれるのでしょうか?きっと、素敵な方に違いありませんね!

komorebiさんへ

帰宅の物音を、聞いても鳴り止まないで、懸命なんですね。こころのセツナイが共鳴しますね。何千年もまえのときからの想いです。それほどの・・・

こんばんは、はじめまして。

今日は、訪問&置き詩をありがとうございました。

秋のまぁるい音が聞こえるようです。
でもその輪郭は滲んでいて、掠れている。
覆いかぶさる水蒸気の帯が、思いを絡めとっていくようなせつない思いがまた、胸を締め付ける感じで素敵です。

また、遊びに伺います。

こんばんは★

コメントをどこに、入れるのか分からなくて、すみませんでした。表記の仕方も
真冬さんの好みがあれば、教えてくださいね。楽しそうでしたので、すぐに置いてきてしまいました。宜しくおねがいします。素敵な、感想をいただいて嬉しいです。
置き詩が楽しみです、こちらこそまた遊びに行かせてください。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。