スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの時間

2009.04.07 00:01|写真詩
aお花いっぱい

(写真はフォトライブラリー様です)




想いが変わったり

読み方がちがっても

いつまでも

宝ものにできる

タイムキャンバス

ひな菊の季節に

浮ぶ中で

気がついた

時の贈り物

何回も翼みつけて

想いがかさなり

そこに包まれる

また逢いにいくね
スポンサーサイト

コメント

ろ~るけ~きさん、おかえりなさ~い♪
おからだもどられたようでうれしいです。
これからもゆるゆると、よろしくおねがいします^^

タイムキャンバス!
タイムキャンバス。。。
ろ~るけ~きさん、タイムキャンバス、とても気になることばです。
もうすこしくわしくお聞きしたいことばでもあります^^

したのきじのまりも、コロコロです^^
まりも、おおきくなりますか?びんもかわいいです。

見ているものは
その時々や心によって変るものですけど、
自分の中で確かな答えがあれば、どんなに
時が変ってもまた見つけられると思います。
この詩には、そういう確かな信念みたいなものを感じました。
タイムキャンバス、私も気になります~(^^)

くらりさん☆

ただいま^0^。
無理をしないようにします、
痛いのも熱もないです^^すっかりと良くなりました、
またよろしくお願いします。

まりもちゃんね。。時間がかかっても大きくしたいです、
瓶の中でコロコロとまるまって満足げにみえます^^。

ひな菊は白いデージーにもしたかったのですが
白色だけの写真が手元になくて・・
両方の写真なんてまた無いですね。
でも上の写真がみつけられて満足です^^。

どうゆうふうに伝わってきたかの
表現でキャンバスとは長くも(永く)短くも
きりとった時間です、ストーリィです。
何度も生まれ変わり自分の中にもっていたらいいものを
確かにしること、理解すること。
ひとつのエピソードを見ると
最初は信じられないようなこともすでに
素晴らしかったようなことです。

reireiさん☆

思いの中で言葉にするために慎重になります、
どんなふうにしたら丁度の思いがつたわるのか。

長くも(永くも)短くもきりとった時間です、
それがどうゆうふうにつたわってきたのかの
表現でタイムキャンバスです。

こころが選んでいることそのまま育まれていて
いまの答えからまた育んでゆくものがある
重ねているかけがえの無いものにものに
気がついたときの詩です。

時間の流れは感じ方に
よって変わりますよね....
心地いい時間をすごして生きたいです。

mackyさん☆

感じ方って大きいですね、
同じ人が先のわかる時間とわからない時間を
もったとして良くも悪くも同じ人がすごすのなら
いっしょと思います。
でも時間がたってから思いかえすと
たいせつさがふくらんでいます^^
そんなふうにすごせる時間がいいです。

タイムキャンバスという言葉に考えさせられました。どんな時間や時代に生きていようと、何となく自分が生きていた時代や、昔、就いていた仕事がこんなのじゃなかったかなーと感じるものがあるのですが、そういうのもタイムキャンバスなんでしょうかね?

komorebiさん☆

生きていた国、性別その時のエピソードすべて
記録されているところがあるので、
そのような感じ方になることもあるのかもしれないですね。
生まれかわってきているのだから、もうひとりの自分が
そこからわかっていることがあると思います。
はっきりとわかることもあるでしょうし、
ふっと自分でこれがいいと思うこともあると思います。

今上手にできなくてもすきなことはへたなりにでも
続けるといいと思います、何もなくてもやってみれば
きっとちいさなはじまりになりますね。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。