スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また逢えるときまで

2010.04.03 12:46|写真詩
IMG桜雨r







涙が底を尽きるまで

泣いて 泣いて 泣いて

涙が枯れるところまでいく

そこからは紅い血を

破らないと涙はでてこない

もう二度と涙はでてこない



スポンサーサイト

コメント

こんばんは
シットリとした絵が良いですね・・雨の日や曇りの日の
写真はステキです^^ 涙の後は、きっと笑顔の世界
になるかもですね。

安曇野まささまへ☆

>こんばんは

こんばんは。

>シットリとした絵が良いですね・・雨の日や曇りの日の
>写真はステキです^^ 涙の後は、きっと笑顔の世界
になるかもですね。

じっくりと撮影しているとまだまだ冷える
雨降りだったので、写真とは根気だけでないのね
と わかりました。
一回だけですけれど・・ものすごく泣いて
アレ? ってホント出てこないんですよ
どれくらい泣いていたか本人にもわからないくらいです。
血液が涙や鼻水になるので、無くなるところまで泣いちゃったと、
これが涙が枯れるということだなと・・。
わたしは悲しいときには言葉になりません
人とも絶対といっていいほど会いません。
ほんとに悲しいときにはそのような余裕はないので、
悲しいことって後からなら書くと思います。
なので今はいつもと同じですよ^^。
わかっていたみたいですね。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。