スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季彩

2010.04.09 00:01|写真詩
野原y







古くなった図書館の

古くなった書架の

古くなった背表紙

その背表紙の中で

出逢った

君の心の眺めた風景

君の心を彩った

蒼い空も

緑の風も

君もわたしも

ここにはもういないけれど

書架に残って

言の葉を見開く人の

心と出逢っていく







パンジーp


洋書の長いストーリィを好んで読むほうです、国産のものは歴史小説がすきです。
人のリアリティに密着しているものは、年を経て見方がかわってきて成長に気づきます。
この頃は読むことが苦手です。フィクションはSFものが楽しめていいです。
映像のほうがいいなと思っていても時間が少なくて・・なんて・・そんなこと言っていないで観たいですね。
このポエムは、10代のときに外国の作家さんの本を読んだときの思いです。
とうに亡くなっている作家さんでしたが、わたしもこの世にいない感覚で綴りました。


スポンサーサイト

コメント

図書館で、例えば200年前の本というと、まず無いし、あっても読めないし、古い本は手に取りません。
聖書にしても仏典にしてもキリストや釈迦がなくなってから数百年後にだんだんと出来上がってきたものだそうです。
図書館の古い本にもよいことが書いてあるのでしょうね。
読めないけど。

10代のころから詩を書かれてるのですね。
図書館で古い本を読むと汚れとかから、
いままでその本を読んだ人たちのことを
不意におもうことがありますね。
でも普通はそこまでで萌永さんのように
素敵な詩を書くまでにはいたりません。
やはり萌永さんは感性がするどいのですね。

ピンピンシニアさまへ☆

>図書館で、例えば200年前の本というと、まず無いし、あっても読めないし、古い本は手に取りません。

図書館の本は新品からでも、思っているよりも
疲労がはやいと感じます。
やはり何冊も重ねて持ち運ぶからですね。
繰り返し何刷もしていてもいい物には
大事に読んだ後がうかがえます。


>聖書にしても仏典にしてもキリストや釈迦がなくなってから数百年後にだんだんと出来上がってきたものだそうです。
>図書館の古い本にもよいことが書いてあるのでしょうね。
読めないけど。

翻訳してあるから読んでみることはできますが、
本の中でいいと思うことは 抜粋されて
身近にどんどんとでてくれますね。
すきなものだけを読んでいたので、
最近は何を読んでみたいのか
自分でわからないです。

macky16さまへ☆

>10代のころから詩を書かれてるのですね。

思えばこのような感じになってくるので、
自分でも詩にしておいたほうがいいんだろうと
考えるほうでした、会話になりません。
ここまでは話はしませんね。
なんで?どうして?っていうことになってくるので。
それを説明するのはとてもややこしいです。

>図書館で古い本を読むと汚れとかから、
いままでその本を読んだ人たちのことを
不意におもうことがありますね。
>でも普通はそこまでで萌永さんのように
素敵な詩を書くまでにはいたりません。
やはり萌永さんは感性がするどいのですね。


図書館の本を、たくさんの人たちが読んでいることが目で見てわかるときですね。
遠かれ近かれ、書いた作者も読んだ人も
みんないなくなります。
何百年たってもその本は読みたがる人と
新しく出会っていくことが、
きっと作家さんのたましいのところにも届いていくと思います。
それで自分がたましいって心って何と
知っていきたいです。

こんばんは
最近は図書館に行くことは無くなりました。
老眼もあって新聞がやっとですね(^^;
10代とはいい時でした・・SFばかりでしたが
夢の世界でしょう。今もなお、続いているとは
素晴らしいですね。

安曇野まさ まささまへ☆

>こんばんは

こんばんは。

>最近は図書館に行くことは無くなりました。
いっしょです^^期日までにさっさと読めません
ほんとにたまのことなので文庫本を買っています。

>老眼もあって新聞がやっとですね(^^;

いろんな事が紙面に詰まっているから
わたしも新聞がすきです。

>10代とはいい時でした・・SFばかりでしたが
夢の世界でしょう。今もなお、続いているとは
素晴らしいですね。

宇宙はたましい的なことと繋がっているので、
そのままのたましいはちゃんと何もかもわかっているらしいです。
たくさんあるストーリィの中にはギクリとするほど言い当てているものが
あるかも・・です^^。

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。