スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶々の麟粉

2010.05.25 00:07|写真詩
IMG揚羽蝶p



IMG揚羽蝶1p



眠れる揺りかごの
蝶々のさなぎから
いよいよ時間の旅も
風になれる空へといく

そっと生まれたての
羽をかわかして
その羽のとてもとても繊細な
破れやすいことを知っている

羽を壊さないように
いつも気をつけて
鳥から見つけられにくい
ところへ休む

生まれたての
鱗粉のそろう美しい
羽はときどき標本箱に
閉じ込められる

防腐剤の注射針はいやだ
補虫網から逃げて
展翅台に貼られないように
敏感に気を読む蝶々

大事に扱いながら
最後の最後まで
命を燈すのは
背中にある羽

やっと空の旅も
お終いまで来たことを
知っていく蝶々は
お守りの羽を
少し見せてくれるように
お日さまに開く



IMG1331p1


スポンサーサイト

コメント

こんばんは
たしかに綺麗な翅ですね^^ 標本にされた死骸を
見ても感動しませんが、傷んだ翅でも生きた蝶には
心、躍りますね。自由に舞う蝶ほど美しいと思い
ます^^

安曇野まさ さまへ☆

>こんばんは

こんばんは。

>たしかに綺麗な翅ですね^^ 標本にされた死骸を
見ても感動しませんが、傷んだ翅でも生きた蝶には
心、躍りますね。自由に舞う蝶ほど美しいと思い
ます^^


でもこの蝶々は背の翅を見たら、人にもなれていて
とてもここの花の公園で長生きしているようでした。
ちいさなときには、近くの
空き地での虫捕りはすきだったので、
でもちいさくても女の子でそれをしてたのは
わたしだけでした。
とりあえず「たも網」と「虫かご」があれば
毎日遊べるんですから^^
そしていつも歩いたり走ったり、時には
上手に捕まえるために反射よく運動神経・・を
つかったりでけっこうたいへんでした。
でもいつまでもはできないで、
ちゃんと虫たちも野に放しました。
翅が痛んでいても、生きていてくれる蝶々が
いると近くにお花がないかなんて探してしまいますね、元気に飛んでほしいからです^^。

とまってるいる写真も飛んでいる写真もすごくきれいにとれていますね。
とまっているほうは赤い斑点も複眼もリアルにうつっているので思わず後ずさりするほどです。

蝶の命は短くはかないですよね。でもたしかに防腐剤はいやかも...

macky16さまへ☆

>とまってるいる写真も飛んでいる写真もすごくきれいにとれていますね。


飛んでいたところはこれ一枚が残せました^^
一度は離れたところへいってしまったんですが、
またのんびりと飛んで来てくれました。


>とまっているほうは赤い斑点も複眼もリアルにうつっているので思わず後ずさりするほどです。


この緑のところにあちらこちらととまっては、
ゆらゆらと目の前でお腹を見せてくれて^^
ねこちゃんみたいだと思います、
でもこの蝶々は内側のほうが模様や色がついているので、蝶々はよくわかっていると感心してしまいますね^^。


>蝶の命は短くはかないですよね。でもたしかに防腐剤はいやかも...


たも網を持っていると逃げ方が違いますね、
コンデジとか一眼だとのんびりとしていてくれます。わかっているみたいですよ^^なんかそういうところが可愛いです。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ろ~るけ~き

Author:ろ~るけ~き
自作の詩。
誰かが、そっと思っている。君に伝わったら嬉しい、
同じ所へ向かってゆくために、不思議を乗り越えて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

くろックCute AC01

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

キラキラ星2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。